車の板金修理を埼玉で行うメリットの紹介

「あら、こんなところに傷が!」、「傷を放置していたら錆ついてきた!」、ご自身が起こした問題であれば自覚もありますが、いつの間にかへこんでいたり、傷がついてそこが錆ついていることは1度や2度は経験があるのではないでしょうか。しかし、ディーラーで修理したら料金にビックリ!なんて経験ありませんか?埼玉県で安くてしかも安心して任せられる板金業者の探し方をご説明いたします。現状ではすべてのディーラーに板金の職人がいるわけではありません。ディーラーは板金業者に仕事(板金)を発注することがあります。むしろ発注する方が多いと考えられます。ディーラーに板金を込みの修理を依頼すると高くなるのはディーラーも業者に発注することがあるからです。それだけ板金は職人技が必要で、豊富な経験と知識が求められます。「安さ」と「安心」この両立は意外と難しい作業です。ではどのように「安さ」と「安心」を担保するかご説明いたします。

なによりもまずは「安心」を担保しましょう

埼玉県には埼玉県自動車車体整備協同組合(埼車協)があります。キャッチコピーは、「あなたの街の専門工場プロショップ」です。この組合に入るには豊富な知識と実績が必要です。誰でも入れるわけではありません。現在180もの事業所と17の支部があります。この組合に加盟している板金業者であれば安心できます。県内17の支部に分割されていますのでお近くの板金業者を素早く検索することが可能です。気になる板金業者が見つかったらサービス内容や保有している国家資格も把握しましょう。また利用したい板金業者を3つに絞りましょう。候補にあがった板金業者に車の状態をメールや電話で伝えます。正確に伝えるために損傷した部分は必ず写真をメールもしくはFAXで送ります。どのように修理するか事前説明を受けてください。そして見積もりを取得します。総合的に納得できたショップで板金や修理を行ってください。

「安心」と「安さ」を両立するには?

埼玉で板金を行うショップが決まったら再度詳細な見積もりを取得しましょう。こちらは車の専門家ではありません。最初の説明と違い後で高額な追加料金を請求されない保証はありません。追加料金の有無を確認し追加料金がある場合はこちらの予算を伝えておきましょう。出来る限り追加料金を発生させないようにするには事前の状況確認と文書による見積もりが重要です。自分で破損させた場合は、板金を依頼する場合はトラブルの状況を詳細に説明し、板金を行う「職人」と共通認識を持ちましょう。知らない間についた傷やへこみの場合は、その傷やへこみをいつ認識したかが重要になります。「数年間に認識したが放置した」、「昨日認識した」などです。仕上がりについても共通認識を持ちましょう。新車同様の仕上がりにしたいのか?応急処置程度でよいか?など現状とゴールを職人さんと共有することで「安さ」と「安心」の両立が可能です。