愛車の板金修理を埼玉の工場に頼む最大の理由

車の板金塗装は車をぶつけた際の傷などが出来てしまったときに板金と塗装の修理と修復を2つの工程ですることです。埼玉で板金塗装を頼むとき大事なのが業者選びです。簡単にディーラー、保険会社から金額の高い業者を選んでも腕が良くなかったり、中間手数料を取られて修理料金高くなったりといったことも多くあるようです。修理代金の相場は幅が広く、実際に直す職人の腕にも技術の差があります。代金が高額ならば腕の良い職人さんという訳ではなく、業者を選ぶことはとても難しいところです。また、名前の知られた有名店やチェーン店、たくさんの従業員がいる工場や板金ブースをたくさん持っている工場であっても腕の良し悪しは関係ないようです。規模が大きい工場程、職人さんの経験の差があり、新規でお願いするとまだ駆け出しの職人の練習用とされてしまう場合もあるようです。腕が良く低価格で作業してくれる板金業者を探しましょう。

埼玉で板金塗装業者を見つけるには

埼玉で板金業者を見つける最良の方法は自動車の関連会社に勤務している人を見つけ相談するのが良いでしょう。いくつかの板金業者と実際に取引をしたことがある人物が一番望ましいでしょう。注意が必要なのは、新車営業マンなどに何も知らないで頼むことです。これはディーラーを仲介して依頼することになり、仲介手数料をきっちりプラスされてしまうという場合も良くあることなので気を付けましょう。新車ディーラーの営業マンは基本的に板金の修理にもノルマがある場合が多く、売り上げ優先になり、親身に答えてくれることはあまりないようです。保険を使って直す場合も提携している工場を進められますが新車営業マンと同じことで本当に腕の良い業者ではなく自分たちの利益優先で紹介されることが多いので注意しましょう。

埼玉で板金塗装業者を自分で探すには

埼玉で知人に腕のいい業者の紹介者がいない時、自分で見つけることが必要になります。時間がかかりますが、飛び込みで実際に車を持ち込んでみて相談してみましょう。その際見ておきたいのが作業している車です。高年式の外車や新車ディーラーの下請けなども請け負っているかというところです。古い車ばかりある工場はあまり腕が良くないという傾向があるようです。板金塗装は丁寧に仕上げてくれ、几帳面さも必要な仕事です。職人さんのセンスや経験も大事でそれだけでなく性格や人柄も仕上がり具合に影響が出るといえるでしょう。工場へ出向き、職人さんと話をし、安心して頼むことが出来るのかを見極めるのも良い方法です。新規ディーラーを請け負っている腕のいい職人さんの工場は新規客に力を入れないことが多いので看板や外観にお金をかけないこところが多く、店構えなどが悪いからと言って悪い業者ということではないので見極めることが大事です。